So-net無料ブログ作成

赤い薔薇

もう赤い薔薇という長澤知之の曲がある。
長澤知之がラップをしている。
曲自体はあっちこっちに音が変化しつづけ、音が増えていく構成だ。
諦めたような哀愁感と世間を皮肉ったような歌詞が印象的で。
ラップでは
横文字なしに読めない未来にハローハロー僕は適応できていますか?
目、鼻、口、受け止めるこれが僕なんだぜっていまは思う自身があるけど

とても深い歌詞だ、もしかしたら意味なんかないかもしれない。
けど、この曲や長澤知之の多くの曲の特徴が虚勢をはらないことだ。
怖いし自分は弱いということを高らかに歌う。
ブログの長澤知之からは虚勢みたいなものを感じてしまう。
なにかを否定しつづけて自分を大きくみせているような。
ただ彼の才能はそんなものでくすんでしまう程小さくない。
端的にいえば人間性はどうでもいい。
ミュージシャンとそのファンは音楽でつながっていればいい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。