So-net無料ブログ作成

陽炎が揺れてる

暑い夏が本当すぐそこまで来てる。
なにか夏の暑さとか日差しは過ぎたものを思いださせる。
今年も半分が過ぎている事に気づいた。
きっと夏の歌がどこか憂いをふくんでいるのもその為だろう。
フジファブリックの陽炎やはっぴいえんどの夏なんです。
最近買ったThe BirthdayのI'm just dogの爪痕という曲の詩に「いつまでも夏が続くと思ってた」なんて節があった。
熱心なファンじゃない僕にはチバユウスケの詩は語感だけで言葉を選んでると思っていたから驚いた。

すごくいい曲だ。





遠い夏休み

ユニコーンのZを買って随分たった。
前作シャンブルより遠慮がない、そんな印象。

阿部ボーカルの多さもそうだが前作は奥田民生のソロの延長で聞けるが、今作はバンドとしてのユニコーンの引き出し、個人の技量を見せつけてくれた。
どの曲もユニコーンの独自の空間が聞こえる。

オレンジジュースは笑った。


タグ:ユニコーン

Funkとは

Funkというジャンルを知るキッカケになったのはスガシカオだった。
奥田民生みたいなストレートなロックを聞いていた僕には異質な衝撃をもたらした。

まずドラムが機械的だったし、コーラスも厚い、あと言葉が汚い、そしてベースを強調した重いビート。
スガシカオがFunkだと言うと良く笑われる。ただスガシカオは純然たるFunkじゃないが確実にFunkを持っていた。
1st~3rdまでをきけば彼がどれだけ高いレベルでPopとFunkを融合させていたのかがわかる。
そんなスガシカオに出会ってから色んなFunkを聞いてみようとした。
スーパーバタードッグ、フライングキッズ、JB、SLY、P-FUNK、プリンス。
正直最初に聞いたSlyは苦しかった。
名盤という言葉に乗せられ入門用のアンソロジーじゃなく暴動を買ってしまった。
音も変だし、唯一知っていたThank youもバージョン違いでショックだった。
ただ何回も聞いてその暗い世界がとても良く聞こえた。
そんなSlyの経験から明るいFunkがどうしても好きになれない僕。
色々聞いても結局Slyに戻ってくる。

ただ海外のJAZZFUNKバンドとかだけはまるで馴染めない。Slyのせいだ。
刷り込みって本当に恐ろしいな。

アイドル(笑)ロックバンド(笑)

アイドルの音楽。
今日本で一番売れている音楽はAKB48だろう。
良い音楽は売れる=売れている音楽は良いもの、本当にそうだろうか?

小学生のとき僕は男性アイドルの音楽を良く聞いていた。
今もそうだが女性の音楽が得意じゃなかったため、よく聞いていたのがTOKIOや堂本剛だった。
その音楽が好きだった。

ただ、発売日に同じCDが何枚もでるのが不思議だった。
今にして思えばチャートの一位を狙っていたのだと分かる。
アイドルみたいな人気商売はチャートは大事だと思う。音楽の中身もそうだが、広まらないといけないだろう。

ただAKB48のように一人のファンが何十枚もCDを買うのはどうだろうか?
もはや音楽なんて関係なく、ただ気色が悪く思える。
チャートなんかにふりまわされて価値が決まる音楽はなにか目的を間違えている気がする。
そしてAKB48に対抗するためB'zがくだらないことをやるらしい。
B'zはあまり好きじゃないから別にどうでもいいが、ロックバンド(笑)を名乗っている人達にしてはやることが浅い。

長澤知之やCOILは絶対にこんな存在にはならないだろう。
むしろそんな売れないと思う。
ただ程々に音楽を続けて欲しい。
チャートなんかに振り回されて本質を見失わないで欲しい。

あとAKB48はいいかげんにして欲しい。
資源の無駄だろう。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。